About 日本ワインとは

日本ワインってなんですか?

「日本ワイン」とはなんでしょうか?「日本ワイン」とは、日本のぶどうのみを原料とし、日本で醸造したワインを意味します。日本の造り手たちが、自分たちの国のぶどうの可能性を信じ、丹精込めて造ったワイン、それが日本ワインなのです。

この定義は、国税庁が2015年に定めた「表示ルール」に基づくものです。すべての「日本ワイン」は、ラベル上に「日本ワイン」と記すことが必要です。ラベルのどこかに「日本ワイン」と記されていなければ、そのワインには日本のぶどう以外の輸入果汁や輸入したワインが原料に使われていることになります。 この制度をきっかけに、「日本ワイン」はさらに注目されるようになりました。

ワインの表示ルールに関する資料(PDF/172KB)

日本ワインはおいしくなったの?

「日本ワイン」が注目されるようになったのは、何と言っても日本ワインが驚くほどおいしくなったから。
それにはいくつも理由があります。

1 ブドウの品質の向上

ひとつは、ワインの原料であるブドウの品質が向上したからです。「ワイン造りはブドウづくり」という言葉があるように、ワインの味わいや品質はブドウで決まると言われます。海外の有名なワイン産地のように、そのブドウの品質を少しでも向上させようと、造り手みずからがブドウ栽培に乗り出すケースが増えています。国税庁の「国内製造ワインの概況」(2018年度調査)によると、自社管理農園産のブドウを原料としたワイン造りを主体にしているワイナリーは76軒。その前年に比べると12軒増えています。こうしたワイナリーは、年間生産量が1.3万本以下の小規模ワイナリーが大半でしたが、近年は、大規模ワイナリーにも自社管理農園の拡大、開園に力をいれています。

また、ワイナリーと契約農家さんの距離がぐっと近づいたこともブドウの品質の向上につながっています。

2 醸造施設の刷新

醸造施設の刷新も続いています。小型で温度コントロールが可能な発酵タンク、果樹やワインへの負担を小さくするポンプや傾斜式コンベア、そして良質なブドウのみを選ぶ機械など、最新の機械を多くのワイナリーが使うようになりました。

いくつか例をあげてみましょう。小型の温度コントロールが出来るタンクがあると、いままで熟度が異なるブドウをまとめて収穫していたのが、造り手が熟していると判断したブドウのみを収穫することも可能になります。ブドウの特徴に応じた、より小さな区画ごとの収穫もできるようになります。

またワイナリーのなかには、ポンプを使わずに重力を使うことで、ブドウ果汁の移動させる「グラヴィティ・フロー」という構造を取り入れているところもあるのです。

3 造り手の変化

変化は畑や醸造所のなかだけではありません。

フランス、オーストラリア、ニュージランドなど、海外の大学で学んだ人、海外のワイナリーで修業を積んだ人たちも増えてきました。また少しずつですが、日本国内でもワイン造りを学ぶ場も生まれてきました。なかには、少しでも経験値をあげようと、北半球と南半球をいったりきたりしながら、仕込みを経験する、ジャパニーズ・フライング・ワインメーカーも出てきました。

原料となるブドウも、そのブドウからワインを造る施設も、そして、ワインを造る人も変わってきているのです。もちろん、今後も持続的に日本ワインが発展していくには、まだまだ解決すべき課題は数多くあります。それでもこうしたワイン造りの現場の進歩によって、日本ワインは劇的においしくなっているのです。またこの発展も今までワイン造りの礎を築いてきた先人たちの努力があったからです。

また日本人は、きめ細やかな作業が得意です。こうした日本人ならではのきめ細かい仕事ぶりが畑やワイナリーでも見受けられるようになっています。

鹿取みゆき

一般社団法人日本ワインブドウ栽培協会代表理事。フード&ワインジャーナリスト。日本全国のワイン、農産物など食の生産現場の取材を続けながら、生産者支援にも注力し、日本各地での講演も多い。専門誌、一般誌、全国農業新聞など、様々な媒体に寄稿。現場の造り手たちのための勉強会、地域ブランドの構築のプロジェクトなども手がける。
『日本ワインガイド 純国産ワイナリーと造り手』など著書多数。国税庁審議会委員、信州大学特任教授、総務省認定地域力創造アドバイザー、日本ワイン造り手の会監査役も務める。